食費で節約

食費で節約というと皆さんが思い浮かべるのは、スーパーでの閉店前のセールではないでしょうか。賞味期限が近い食材を何割引きかで買うと、得をしたように感じますよね。けれどこれ、得なように見えて実は損をしている場合もあるのです。というのも、魚が安い、肉が安い、野菜も安いと割引き効果で安く思えてしまい、買う予定でなかった食材も買ってしまうからです。また、閉店前という夜遅い時間に行くことも、買う必要もない食材を買ってしまう要因となります。夜遅い時間ということで、夕飯を食べ終わりそこそこゆっくりした後に買い物に行かれますよね。そうするとお腹も少し空いていることも多いため、あの食材もこの食材も美味しく見えてしまい、ついついいらない食材まで買ってしまうのです。皆さんもこの節約しているようで節約できていない経験、きっとあることだと思います。そこで我が家が実践している、これとは間逆の食費の節約術をお教えします。
我が家では食費節約のために、毎週日曜日に一週間の献立を決めてしまいます。そうすることで、余分な食材を買わずに済み、買った食材を腐らせずに全て使いきることができます。また、家族それぞれが食べたいものを作ることができますので、ご飯に文句をつけられることも以前と比べて少なくなりました。余計な食費もかからず節約もできる上に、献立に困らず、家族が文句を言わずに美味しそうにご飯を食べてくれるので作り甲斐もあります。
そして、一週間の献立を決めたら必ず昼食を食べた後に、スーパーにいきましょう。これはお腹が空いていない時間帯であることが重要です。繰り返しになりますが、お腹が空いている状態ですと色々な食材が美味しく見えてしまい、ついつい買ってしまうからです。これを防止するためにも、お腹が空いていないときに一週間分の食材をスーパーで買いこみます。
これが我が家の食費節約術です。毎日スーパーに行かずに済み、献立に悩むこともなく、楽しく食事を作りながら節約もできる、最高な食費節約術だと思います。