サイフで節約

私が実践しているサイフで節約ですが、二つの節約術から成り立っています。それは「カードをサイフにいれない節約術」と「お札をサイフにいれない節約術」です。
まず、前者の「カードをサイフにいれない節約術」についてご紹介します。このカードというのは、キャッシュカードとクレジットカードのことを指しています。ショッピングの時に何か欲しいものがあれば、ついついキャッシュカードとクレジットカードを使ってしまいませんか。お金が足りないのであればキャッシュカードでお金をおろし、お金がないのであればクレジットカードで購入してしまいますよね。買ったときは嬉しいのですが、給料日前になるとどうしてあの時買ってしまったのだろうといつも後悔しています。そこで思い切ってカードをサイフにいれずにショッピングに行くようにしました。すると、その日の決めた予算内で無駄遣いなく、買い物を楽しめるようになりました。
次に、「お札をサイフにいれない節約術」についてご紹介します。文字通り、お札をサイフに入れないのです。では何を入れるのかというと小銭だけです。給料日に自分のお金を下ろす時に、銀行の窓口に行って、数枚のみのお札を残し、それ以外を100円玉に両替してもらいます。そして、家に帰って箱に100円玉をばらばらにしていれます。この100円玉を中心として、生活していきます。すると、何か買い物に行く際に大量の100円玉をサイフの中にいれなければならなくなり、結果的にサイフが重くなります。そうすると重たいサイフを持ち歩きたくありませんし、サイフに入る100円玉もせいぜい3000円から4000円程度となります。その結果的、持ち歩くお金も少額となるので最初から予定していた物以外買わなくなり、無駄遣いしなくなりました。
私はこのサイフ節約術で自分の無駄遣いを抑え込むことに成功しました。人間はどうしても手元にお金があるとあるだけ使ってしまうので、強制的に余分なお金を持ち歩かないようにするしかないと思い、この節約術を思いつきました。私のようになかなか無駄遣いを我慢できない人に、お勧めしたい節約術です。